トップ «前の日記(2005-03-02) 最新 次の日記(2005-03-04)» 編集

RZFの館

テキトーなことを思いつきで書いている日記です。内容は無保証ということで〜

適切なツッコミは歓迎します。お気軽にどうぞ〜


mixi内に専用コミュ字幕集 mixi出張所つくりました(2006/09/06設置)

2004|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|03|06|08|09|10|11|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2013|04|05|06|07|08|10|11|12|
2014|02|03|07|
2015|01|02|03|04|05|06|09|
2016|02|04|05|06|07|08|10|
2017|03|05|
2018|01|03|05|06|12|
2019|01|02|05|

ToDo:

1.RZF(2) 2.なな(2) 3.ねこん(1)

2005-03-03 [長年日記]

[鉄道] 南風17号が宿毛突っ込む

これだけ派手にやらかしてしまったのは、踏切事故と震災を除けば関東鉄道の事故以来だろう。

今回は地方の閑散区間の特急と言うことで、乗客9人というところに救われている感がある。また、軽量ステンレス車であることから、運転室が潰れてしまい、運転士が救助できずになくなってしまわれたようだ。事故原因を追究する上で肝心要の運転士を亡くしたことは大きな痛手である。

さて、本来ならATSでブレーキがかかり、車止めに突っ込んで止まるという非常時のストーリーだが、これが全く働いていない状態であることは、乗り上げた上に障害者エレベータの構造を破壊し、なおかつ駅舎側壁に突っ込んでようやく止まったことからも明らかだろう。先頭は天井に突っ込んでしまったらしいことから、相当強烈で通常ありえない速度で進入したと思われる。

ポイントは2つ。

何でATSで減速できなかったのか。それと、そのとき運転士はどうだったのか。これが重要なキーになると思われる。

さて、3両もろとも無残な状態であることから廃車は免れない。ただ、いまさら2000系というのも時代遅れであり、代替新造が新形式になるかどうかは微妙だ。無論性能の劣る185系の復活はありえない。


記事の内容は状況により適宜書き換えることがあります。また不適切なツッコミも削除されることがありますので悪しからず〜

© RZF / Natural Factory 2004-2016,ALL RIGHTS RESERVED.